×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Art Space#3 Program

ジャンル タイトル 監督 スタッフ@ohisanの主観的感想
Film Art 「チョコレート中毒」 秋田ちえみ
甘い甘い思いになりました。苦手なものでも好きな人が
一緒にいれば自然に克服できるそんなキモチになりました。
Music Art (タイトルは当日発表) MUNK
音楽と言う枠に囚われない独特の感性で展開される舞台。歌う事はなにか・・
コトバを連ねる事は何かを感じました。私も詩を書きますのでとても興味深い
作家さんではあります。舞台で披露される歌詞で即興でされてるのもあるそうで。
素晴らしいです。
Film Art 「歌えない小鳥に歌って見せる俺
   そして空に羽ばたかせる俺」
友井 良昭 記念すべき「Art Space#1」で上映しました。もう一度みたいと言う希望にそいまして
再上映!内容が濃いです。そして奥が深い!!まだまだ作家として未熟者な私には
やはり難しいテーマ。でもそこまで意図を混ぜ込んで創ってるのは本当に凄いと思
いました。
Film Art 「くちづけ」 TEAM Rocket-Jam 性格が全く正反対な女の子の御話し。心を通わせる心理が凄く理解でき共感でき
ました。動の女の子の静の動き。静の女の子の動の動き。これが上手く混ざってた
のでよりリアルさを感じたのかもしれません。
Snap Art 「時間のカケラ」
ohisan コラム担当なohisanの作品。作品をもっと近くに感じて欲しいが為に企画した。
「お持ち帰り」わりに良い感じ。画を眺めると言う展示ではなく、肌で感じれる距離。
これからも大事にしたいと思います。


Go to History